Mog!もっとたべたいワンちゃんのために

ウェットフードって体に良いの?
歯や顎は大丈夫?

ドッグフードにはドライフードやウェットフードなど様々な形状があります。なんとなくウェットフードやふやかしフードなどの柔らかいフードを与えると、『顎が弱くなる』『虫歯になりそう』などと思われがちです。

しかし、実際はそのようなことはありません。歯や顎に関しては、歯周病が大きく関係しています。ここでは、ウェットフードの誤解や歯や顎に関して解説していきます。

 

ワンちゃんにも虫歯ってあるの?

私たち人間は、『虫歯にならないように』と歯磨きをしますよね。虫歯になると痛みが生じて、歯医者さんでの治療が必要になります。

それではワンちゃんは虫歯になりやすいのでしょうか?
結論から言うと、ワンちゃんは虫歯になる事は稀です。その代わり、歯周病にとてもなりやすいです。

虫歯が少ない理由は、人とワンちゃんの口腔環境の違いです。人間の口の中は弱酸性ですが、犬の口の中はアルカリ性です。虫歯は酸性下でなりやすいため、ワンちゃんは虫歯になりにくいと言えます。気を付けるべきは歯周病ということですね。

ワンちゃんの8割以上が歯周病?

統計的に、3歳以上のワンちゃんの約8割以上が歯周病になっていると言われています。
症状としては、
・口臭
・歯茎の腫れ
・歯の根元の骨が溶けてしまう
・歯の根元に膿が溜まる
・頬が腫れる
・くしゃみ・鼻水・鼻血
・・・など様々です。

歯周病に関してはフードによらず、きちんと歯磨きなどの口腔ケアをしなければ罹患してしまいます。

ウェットフードが原因で顎は悪くならない

フードが柔らかいとどうしても顎が弱ってしまいそう、と思われがちです。たしかに噛み応えのあるフードを食べている方が、顎の筋肉は発達します。

しかし顎に関していうと、筋肉よりも骨の方が重要です。顎の骨が脆くなると骨折する可能性があります。顎の骨が脆くなる原因の1つとして、歯周病が挙げられます。歯周病により顎の骨が溶けてしまうと、少しの衝撃で下顎骨折を引き起こすことがあります。

そのため顎が悪くなるとしたらウェットフードが原因ではなく、歯周病の問題と言えます。

ドライフードもウェットフードも歯周病ケアがとっても大事

何もしなくても歯周病にならないのが1番ですが、なかなかそうもいきません。歯に食べ物が付着していると歯垢になり、やがて歯石へと変わっていきます。歯石の下では、菌が繁殖して歯周病となります。

そのため大事なのは歯垢を付きにくくする事です。ドライフードでもウェットフードでもお口のケアをしなければ、歯周病になります。フードで何とかするのではなく、人間と同様に歯ブラシを使った口腔ケアが1番歯周病を防ぐことができるといえます。