Mog!もっとたべたいワンちゃんのために

愛犬がおやつしか食べない?!フードの種類や対策について

診察をしていると「愛犬が、おやつや人の食べ物しか食べなくて困っています」と相談を受けることがあります。

確かに何も食べないわけにはいきませんが、おやつだけで生活してしまうとやはり栄養バランスが悪くなってしまいます。
一方で、飼い主さんが知らないうちに栄養バランスの悪いフードを与えていることもあります。

ドッグフードの種類をきちんと知ることで、どのようなフードを選べば良いかが分かります。また、おやつしか食べないワンちゃんに対する解決策についても解説していきます。

ドッグフードの種類を知ろう

ドッグフードにはいくつか種類があります。
ジャーキーのような、いかにも「犬のおやつ」と分かるものもありますが、見た目では判断できず主食にしてしまうようなフードもあります。

基本的に、製品の裏側に表示されており確認することができるので、現在食べているフードやこれから選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

総合栄養食

裏面に「総合栄養食」と書いてあるごはんは『主食』として与えるフードになります。総合栄養食はこれだけで必要な栄養が摂れるように設計されています。ドライフード、ウェットフード共に総合栄養食があります。

言い換えると、総合栄養食以外のごはんは注意が必要です。

療法食

主に動物病院で処方されるフードです。パッケージには、「療法食」「特別療法食」「食事療法食」「食餌療法食」などと表記されています。

尿石症や腎臓病などの、『特定の病気を患っている場合』に食べさせます。
病気のワンちゃん用に作られているごはんなので、飼い主さんの判断で食べさせるのはとても危険です。
適切な種類の処方食を食べなければ、むしろ健康を害するリスクがあります。

インターネットやペットショップなどでも販売していますが、療法食を使用する際は獣医師の指導のもと与えてくださいね。

間食

おやつ、スナックなどの表記で表されるのが間食です。間食は人間と同じようにおやつを指します。
おやつだけでは栄養が偏ってしまうので、メインの食事にはしないようにしましょう。

その他のフード

上記以外のフードでは「一般食」「栄養補完食」「副食」「サプリメント」など様々な表記があります。

サプリメント、副食はなんとなくメインの食事では無いように思えそうですよね。
一方で、「一般食」をメインのごはんと誤解してしまう飼い主さんが多いようです。

一般食は総合栄養食とは違います。しかし、見た目は総合栄養食のパッケージと同じような包装のドライフードやウェットフードの缶詰・パウチなどで見分けがつかないものがあります。

そのため、飼い主さんが知らないうちにずっと一般食を与えてしまっていることもあるので、注意してくださいね。

おやつしか食べない場合はどうする

やっとたどり着いたごはんが一般食だったり、おやつしか食べなかったりする愛犬に対しての解決策を3つご紹介します。

ドッグフードを食べるまで与えない

ちょっと根競べにはなりますが、メインの食事を食べるまではおやつを与えないようにします。

おやつを食べることに慣れていると、メインの食事を食べなくても待っていれば美味しいおやつが出てくると思ってしまいます。

おやつが無ければ当然空腹になるので、メインのフードを食べざるを得ません。食べなければメインの食事を下げてしまい、おやつも与えない状態にして学習させます。

いつものフードにトッピングする

こちらは比較的試しやすい方法ですね。いつものドッグフードに、少しだけトッピングをします。茹でたささみや犬用のふりかけ、おやつなど愛犬が好きそうなものをトッピングします。

トッピングの部分だけを食べてしまうのは問題ですが、うまくいけば一緒にドッグフードも食べてくれます。全体的によく混ぜ合わせるのがコツです。

Mog!のような粉状のドッグフードなら、既存のフードに混ぜて変化をつけることもできます。今までのフードも無駄にならず、簡単に味の変化がつけられるので良いですね。

食事を変更する

ドッグフード自体を変更するのも1つです。やはり同じ食事だと飽きてしまう場合があるので、嗜好性が高いフードにすると食べてくれる可能性が高くなります。

選ぶ際は、総合栄養食を選んでくださいね。手作り食も良いでしょう。その場合は栄養面をきちんと考えて作る必要があります。

今までドライフードだった場合は、ウェットフードのような柔らかいフードにすると食べてくれることもあります。ドライフードをお湯でふやかしてみるのも良いですね。

缶詰などのウェットフードをメインにすると、体重によっては一日に何缶も食べなければなりません。保存や費用の問題があるため、続けられるかがネックとなります。

おやつしか食べない愛犬もMog!なら解決できるかも?!

一般的にドライフードに比べるとウェットフードを好むワンちゃんは多いです。ただし、ウェットフードは保存が難しかったり、費用面でも続けにくかったりといった点が挙げられます。

Mog!は、粉末状でお湯で溶かす『総合栄養食』のフードです。そのため栄養面では申し分なく、保存に関してもウェットフードに比べて管理しやすいといえます。

そのままでも1日の栄養が摂れる美味しいごはんですが、自分流にアレンジすることも簡単です。
一から手作り食を作るのはなかなか大変ですが、Mog!は混ざりやすいので、少しトッピングするだけでちょっとした手作り食になります。

今のごはんが総合栄養食でない場合やおやつしか食べない愛犬の場合は、いちど試してみてはいかがでしょうか?