Mog!もっとたべたいワンちゃんのために

どのくらい太ると肥満?

少しぽっちゃりしているワンちゃん、なんとなく可愛らしく感じてしまいますよね。
しかし過度に体重が多い、いわゆる肥満の状態では、様々な病気になりやすくなります。

人間と同様に、肥満になると糖尿病や心臓病などの生活習慣病や、体重過多による腰痛、関節炎などを引き起こします。

愛犬が肥満気味ではないか、これから一緒にチェックしていきましょう!

肥満になると怖いこと

肥満になると様々な病気になりやすくなります。
例えば糖尿病や心臓系疾患、循環器や呼吸器系の問題、免疫力の低下、関節疾患・・・など多くの病気が挙げられます。

また体が重いため動きが悪くなり、運動しなくなります。そうすると、活動力が乏しくなり、さらに体重が増えてしまう悪循環に陥ります。

肥満の基準はどこから?

肥満が良くないことは分かりましたね。それでは実際にどのような体型が肥満の部類に入るのか見ていきましょう。

よく、プードルなので4kgくらいまで痩せるべきですか?など聞かれることがあります。
しかし、人間と同様に犬も体の大きさ、体の作り、によって適正体重は異なります。
そのため、同じ犬種でも単純に何kg位が理想とは言い切れません。

代わりに体重ではなく適正体型として、ボディー・コンディション・スコア(BCS)で判断します。

BCSは5段階からなります。5段階のうち4以上が体重過剰、5が肥満と言う判定になります。

最も理想的なのはBCS3の状態です。
具体的には肋骨がわずかに浮き出ていて、手で簡単に触ることができます。上から見ると腰にくびれがあり、犬を横から見たときにお腹の凹みがみられます。

BCS4の体重過剰になると、肋骨を触ることはできますが、ほとんど肉眼では見えません。
BCS5の肥満状態になると、かなり力を入れないと肋骨は触れません。くびれもない状態です

愛犬の体格が適正かどうかを見るために、まずは肋骨の部分に手を置き軽く前後に触れてみてください。軽く触れるようであれば少なくとも肥満ではありません。

 

実は病気?病気で太ってしまうことも

避妊手術や去勢手術をしたワンちゃんは、ホルモンバランスが変わることで太りやすい傾向にあります。そのためお食事の管理は重要です。

また高齢になり、ご飯を食べている量はそれほど多くないのに、体重だけ増えてしまうことがあります。
運動量や代謝が減ることも原因の1つですが、『甲状腺機能低下症』という病気が隠れていることがあります。典型的には太りやすくなる、疲れやすい、脱毛が見られる、などの症状が認められます。

その場合は食事管理だけでは、体重のコントロールが難しく投薬が必要になります。
疑わしい場合は、動物病院の受診をお勧めします。

 

肥満になってしまったら

すでに体重過多の場合は、減量をしていく必要があります。
運動することも大切ですが、おやつやフードの見直しが最も重要といえます。

食べることが大好きな子は、フードの量を減らすことが大変です。
普段のフードを単純に減らすよりも、繊維豊富なフードやダイエット食を選ぶことで量を減らさずに満腹感が得られやすくなります。

また、ウェットフードなどの水分量が多いフードで量をかさ増しするのも一つの方法です。胃が膨れることで満腹感が得られやすくなります。

また肥満の状態によっては、処方食のようながっちり痩せる減量フードが必要です。

まずは肋骨を触って、愛犬の状態を確認してみましょう。
そして体重が多い子に関しては、ストレスにならないようなフード選択ができると良いですね。