Mog!もっとたべたいワンちゃんのために

うちの子もしかしてお水が足りてない?!
飲まない場合の解決策もご紹介!

みなさんの愛犬、ちゃんとお水を飲めていますか?

言われてみればあまり飲んでいないような・・・そもそも普通がわからない、という方も多いかもしれませんね。

お水は私たちの体と同じように、ワンちゃんにもとても大切な働きをします。

通常どのくらいの水分を必要としているのか、またお水を飲まない場合の対策についても解説していきます。

 

愛犬の飲水量を把握しよう

愛犬を見ていると全然お水を飲んでいる様子がない、なんてことはありませんか?
私たちと同様に、ワンちゃんも季節や環境、食事、運動の有無などで飲む量は変わってきます。

そうはいっても、まずは通常の飲水量が分からなければ、飲水量が足りているか判断できませんよね。ここでは、飲水量の目安についてみていきます。

体重が分かれば、簡単に計算できるのでぜひ試してみてくださいね。

 

健康なワンちゃん」の1日の飲水量

健康なワンちゃんの場合、体重1キロ当たり50~60mlほどが一般的です。
そのため『愛犬の体重×50=1日の飲水量の目安』となります。
例えば体重5キロの場合は約250 mlと言う計算になります。

この飲水量は、純粋に『お水』として摂取する量を指しており、1日に必要な水分量は少し異なります。必要な水分摂取量=食事の水分量+飲水量となります。

そのため、フードを含めた水分量の目安はこのようになります。

参考:環境省

目安なので、多少前後しても問題はありません。
全然足りていない場合は、後ほど解説しますが、お水を飲むように工夫すると良いでしょう。

病的なワンちゃんの1日の飲水量

一方で、体重1キロ当たり100 ml以上お水を飲むようであれば病的と考えられます。
体重5キロの場合は約500mlという計算になります。

この場合は、何か病気があるかもしれません。まずは動物病院を受診してください。

 

お水が足りないと不健康に?!

ワンちゃんの体内の約7割は水分です。そのため健康維持にお水は欠かせません。
先ほど、水分量の目安について見ていきました。みなさんの愛犬は足りてそうでしたか?

十分な水分が摂取できないと、体を維持することができません。
水分は体の中でどのような働きをしているのか、見ていきましょう。 

消化の手助けをする

水分は消化の手助けをします。お水を飲むことで、スムーズに口から胃腸へと食べ物が流れていきます。そして食事の栄養は小腸で吸収されますが、その際にも水分が関わってきます。

体温調節をする

ワンちゃんは人ほど汗をかけません。代わりに体温を調節するために、舌をだしてハァハァとパンティングを行います。パンティングは、唾液を蒸散させて熱を下げる役割をします。蒸散分を補うためには、水分が必要です。

おしっこになる

おしっこは血液を材料として腎臓で作られます。
血液の大半はお水でできています。お水をたくさん飲むとおしっこの量が増えるのは、このためです。
そして膀胱にある程度のおしっこが溜まると、尿意を催します。

 

うんちにも関係

食物から必要な栄養は小腸で吸収されます。その後、必要なくなった残りに関しては大腸で水分を調節しながら、うんちになっていきます。
そのため水分量が少ないと硬いうんちになり、便秘になりやすくなります。


お水を飲まない場合の解決策を3つご紹介

お口の中に異常があり物理的に飲めない場合や、どこか体に痛みがある場合などは大問題です。その場合は、治療や飼い主さんの補助が必要になります。まずは動物病院を受診
しましょう。

自分で飲むことができる状態なのにお水を飲まない場合は、飼い主さんが工夫をしてあげましょう。

 

いつものお水にちょっとひと手間

普段飲んでいるお水に少し工夫をしてみましょう。簡単にできるのが、水の温度です。
常温にする、冷やす、ぬるま湯にする、など温度を変えることで飲んでくれる場合があります。これならすぐに試せそうですね。

また、味が付くことで飲む場合があります。その際に人用のスポーツドリンクなどを与えてしまう方がいますが、止めてください。
人用の飲料水は、糖分や塩分が多いため、ワンちゃんには適切ではありません。飲ませる場合は犬用の飲料水にしてくださいね。

給水方法を変えてみる

お水を設置してある場所の変更や器、給水方法を変えるのも効果的です。
水入れの素材や大きさ、深さ、設置する高さなどを変えると飲みやすくなり、十分な量が飲める場合があります。

その他にも、自動給水器の機械音が恐かったり、ペットボトルが苦手だったりとワンちゃんによって好みがあります。現在あまり飲んでくれない子は試しに変更してみるのをお勧めします。

フードを変えてみる

ドライフードには水分はあまり含まれていませんが、ウェットフードには75%ほど含まれています。そのためお水を積極的に飲まなくても水分を確保することができます。

ウェットフードの他にも、ドライフードをふやかす、お肉や野菜を煮込んだスープをかけるのも効果的です。

『MOG!』は粉末状でお水に溶かすフードのため、水分量を調節することができます。ウェットフードだと実際何mlの水分が取れたかは分かりにくいです。一方で、MOGは水分を測って調節することができるので、分かりやすいですよね。

水分が豊富なフードは、ドライフードよりも量的に多く食べることができます。そのため、食いしん坊の子には特に良いかもしれませんね。

お水を飲むのは大切なこと

お水の重要性や飲水量の目安について見ていきました。

日々、お水の交換はしていると思いますが、実際に愛犬がどのくらいお水を飲んでいるか把握できていない場合が多いです。
必要な飲水量の計算式は簡単なので、ぜひ愛犬の体重から計算してみてくださいね。

飲水量をみることで、お水の与え方・フードの変更など対策を取ることができます。
しっかりと水分をとって健康に過ごしたいですね。