Mog!もっとたべたいワンちゃんのために

穀物はワンちゃんに与えても大丈夫?

最近ドッグフードの中でも、『グレインフリー』や『グルテンフリー』と言う言葉をよく耳にしませんか?

お米やパンなどの炭水化物(糖質)を制限して痩せる、『糖質ダイエット』は有名ですよね。
その影響か穀物は炭水化物を多く含むため、犬の方でもグレインフリーやグルテンフリーのドッグフードが多く登場しています。

しかし、穀物自体は体に悪いものではありません。穀物についてちょっとだけ考えてみましょう。

そもそもグレイン/グルテンフリーとは?

グレインとは日本語で『穀物』を表します。
穀物とは、主に小麦・大麦・とうもろこし・お米などのイネ科の作物の種子を指します。
そのため、グレインフリーとは穀物が入っていない、という意味です。

一方でグルテンとは穀物から抽出したタンパク質のことで、グルテンフリーとはそういったものが入っていないことを表します。

穀物は体に悪くない

わざわざ穀物をフリーにしているので、穀物をとると体に悪いのでは?と思ってしまいますよね。
穀物にも栄養はありますし、基本的にドッグフードに配合されていても問題はありません。

それでは、なぜ穀物をフリーにしているか考えてみましょう。穀物に対して、二つのイメージがあるようです。

穀物は消化が悪そう

わざわざ穀物をフリーにしているので、穀物をとると体に悪いのでは?と思ってしまいますよね。
穀物にも栄養はありますし、基本的にドッグフードに配合されていても問題はありません。

それでは、なぜ穀物をフリーにしているか考えてみましょう。穀物に対して、二つのイメージがあるようです。

穀物はアレルギーになりやすそう?

なんとなく穀物はアレルギーになりやすいというイメージがありますか?
実際はそうではありません。
もちろん小麦などの穀物でアレルギーを起こすワンちゃんはいます。
しかし確率的には、牛肉などのタンパク質の方が穀物よりもアレルギーを起こしやすいです。もしアレルギーを気にするのであれば、タンパク質を見直した方が良いと言えるでしょう。

穀物を無くす必要はない

結論から言うと、穀物が入っていて問題ありません。
どんなフードもワンちゃんにとって、合う・合わないがあります。それは味の問題、アレルギーの問題、消化の問題、形状の食べやすさなど、様々です。

特定の穀物でアレルギーを起こすと分かっているワンちゃんに関しては、グレインフリーなどのドッグフードは良いかもしれません。

しかし、穀物が入っていてもアレルギーになりやすいわけではないですし、穀物にも様々な栄養が含まれています。
そのため、含まれていない方が優れているということはありません。

大切なのは愛犬が喜んで食べてくれて、皮膚やお腹の調子、体重管理ができる、などが重要といえます。